健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ手作り食&生食サポート > プレミックスフード
手作り食&生食サポート
プレミックスフード

手作り食の栄養に対する不安を解消!

プレミックスの調理法

ケーナインヘルスの場合
作り方は簡単です!ケーナインヘルスを8分間煮るか、熱湯でもどしたら、肉や魚、良質なオイルと混ぜるだけ。栄養バランスのとれたヘルシーな食事の完成です。

プレミックスフードの調理法。詳細はこちら


プレミックス 調理準備

用意するもの

●ケーナインヘルス
●新鮮なタンパク質

牛肉、鶏肉、七面鳥、ラム肉、馬肉、魚、大豆、レンズ豆、豆腐等
●新鮮なオイル
ヘルス&シャインまたはフラックスシードオイル、ボラージオイル、オリーブオイルなど

●水 ●鍋 ●スプーン

※新鮮なタンパク質
種類により、肉に含まれている微量栄養素や、それぞれのタンパク質を構成しているアミノ酸組織などが違いますので、牛肉、鶏肉、魚など定期的に内容を変えてください。
※生肉を食べ慣れていない犬には、初めは軽く加熱するなど、様子を見ながら徐々に慣れさせてください。

※新鮮なオイル
加えるオイルは定期的に種類を変えてください。植物オイルには様々な種類のものがありますが、全て必須脂肪酸や他の栄養素の含有量やそのバランスが異なります。

年齢別基本レシピ

材料 幼犬〜7歳まで 8歳以上
ケーナインヘルス 3カップ(約75g) 3・1/2カップ(約87.5g)
動物性タンパク質(肉、魚 等) 170g 113g
植物オイル ティースプーン1杯 ティースプーン1杯
約213cc 約255cc


●パピー(生後18ヶ月)までは、幼犬〜7歳までのレシピに加えて下記のものを与えます。
 体重5Kgに対してカッテージチーズ(大さじ1/2)+プレーンヨーグルト(小さじ1)

※ケーナインヘルスのカップ数の計量は、付属のカップをご使用ください。
※最初はレシピ通りに作っていただき、慣れてきましたら1回ごとにお作りいただくことをおすすめします。

給与量 ※下記の給与量は基本レシピに従って調理した量を基にしています。

1日に与える給与量の目安/幼犬〜7歳まで

体重 できあがりフード量 ケーナインヘルス 動物性タンパク質
1.0〜2.0Kg 75〜90g 13〜15g 29〜34g 36〜43cc
〜3.0Kg 113g 20g 43g 53cc
〜4.5Kg 170g 28g 64g 80cc
〜11.5Kg 338g 56g 128g 160cc
〜23.0Kg 450〜675g 75〜113g 170〜255g 213〜426cc
〜34.0Kg 675〜900g 113〜150g 255〜340g 320〜426cc
〜45.0Kg 900〜1125g 150〜188g 340〜425g 426〜533cc

1日に与える給与量の目安/8歳以上

体重 できあがりフード量 ケーナインヘルス 動物性タンパク質
1.0〜2.0Kg 75〜90g 15〜18g 19〜23g 43〜51cc
〜3.0Kg 113g 22g 28g 64cc
〜4.5Kg 170g 33g 42g 96cc
〜11.5Kg 338g 66g 85g 191cc
〜23.0Kg 450〜675g 88〜131g 113〜170g 255〜383cc
〜34.0Kg 675〜900g 131〜175g 170〜226g 383〜510cc
〜45.0Kg 900〜1125g 175〜219g 226〜283g 510〜638cc

犬の食事の作り置きについて
毎日犬の食事を作るのは大変とお考えの方には、作り置きすることをおすすめします。
ただし、鮮度のことを考え、冷蔵庫または冷凍庫に保管し、早めにお与えください。
※肉はその都度、足してもかまいません。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト