健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー

きょうの犬の食事(3)/朝食レシピ・おやつ・夕食レシピ

トップ新着記事 > きょうの犬の食事(3)

ラブラドール・レトリーバーと
オーストラリアン・ラブラドゥードルの生食レシピ

ラブラドール・レトリーバー:
体重25kg ♀ 年齢9歳2ヶ月(‘04.2.24生)のナチュラルダイエット(自然食)
老犬の食事として 本日の総給与量:体重の2.5%の約80%=520g
(※老犬のため通常の約80%給餌)

オーストラリアン・ラブラドゥードル:
体重17kg ♀ 年齢5歳0ヶ月(‘08.5.10生)のナチュラルダイエット(自然食)
成犬の食事として 本日の総給与量:体重の約2.5%=440g

朝食レシピ
・5分ゆでてを殺菌した卵1個
野菜各種(上記の卵とともにミキサーで粉砕)
・自家製ヨーグルト
糖蜜(Molasses)
・オメガペットサプリメントオイル
スピルリナパウダー
・バナナ

朝食

▲ 朝食

 

おやつ
・フランス鴨の肉付軟骨

夕食とおやつの鴨ネック

▲ 夕食とおやつの鴨ネック

 

夕食レシピ
バーフ・ダイエット ローフード(生食)
「ジューシー・カンガルー・レシピー」

ジューシー・カンガルー350g

▲ ジューシー・カンガルー 350g

 

給与量
ラブラドール・レトリーバー
朝食…………45g
おやつ…..125g
夕食………350g
合計520g

オーストラリアン・ラブラドゥードル
朝食………….35g
おやつ……105g
夕食………..300g
合計440g

 

きょうはいつもの生肉ではなく、このサイトで「生食入門用」としておすすめしている、ペットパティースの生食系冷凍フード「バーフダイエット」の中から、カンガルーのフローズンパテにしてみました。

これは、低カロリー&高タンパクでヘルシーなオーストラリア産のカンガルー肉に、あらかじめ野菜、骨、果物などの生の食材がブレンドされている犬のための冷凍食品です。

すべて安心なヒューマングレードの食材が使われ、保存料、着色料、ホルモン剤、抗生物質、人工調味料などは不使用です。栄養も「犬の完璧な健康維持のためのビジョン」に基づいた成分になっています。
もちろん、冷凍ですので食材本来の栄養と味わいは加熱で破壊されずに閉じ込められています。

朝食から夕食まで、全量をこのフローズンパテにするかどうか悩みましたが、長年採用している「朝は肉系なし」の習慣から抜けられず、また、生肉や軟骨の歯ごたえをなしにするのも唐突すぎると考え、冷凍フードに生肉、生骨をプラスしたものになりました。

味や食感は犬たちに聞いてみないと分かりませんが、栄養の配分を気にすることもなく、食材の確保や保存の手間も不要で、決められた量を解凍して与えるだけですので、とても簡単です。
愛犬の健康のために生食への移行をお考えの飼い主さんなら、とりあえず本品のような犬の食事からトライされることをおすすめします。

 


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト