健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ気になる犬本のレビュー > William Wegman Polaroids
気になる犬本のレビュー



William Wegman Polaroids


表紙

ウィリアム・ウェグマン(著)
¥5,270


イヌ・コスプレの元祖
ウィリアム・ウェグマン

今さらウェグマンでもないのだが、ちょっと前にオアゾの丸善の洋書バーゲンで【William Wegman: Polaroids】という写真集を見つけたので購入した。

ウィリアム・ウェグマンは、70年代の後半から2000年あたりにかけて、20×24インチという大型ポラロイドで、愛犬のワイマラナーに洋服を着せて撮った一連のシリーズで一躍名を馳せた現代アートの人気作家だ。

80年代なかばの池袋西武の広告で、「行け袋。」というキャッチでゴールデン・レトリーバーが黒いタートルネックセーターを着ているポスターがあって、これなんかかなり影響をうけた口だなと、当時は思ったものだ。(ちょっと古すぎ?)

いま考えると、ウェグマンはまさに「強迫的擬人観念愛好者」の嚆矢、イヌ・コスプレの元祖みたいな人だ。


Dogs1

個人的には、自分のワードローブのセーターと同じスカンジナビア製セーターを愛犬のマン・レイが着てる作品があるので、ウェグマンにはとても親近感を抱いていた。


Dogs1

これが問題のセーター

このウェグマン、写真はもちろん、絵画、ドローイングも捨てがたいが、映像も実に味わい深い。
たとえば”Dog Duet”(1975-1976)と題したビデオ作品。2頭のワイマラナーのぴったりシンクロしたアクションは何度見てもおもしろい。

写真もムービーもわれわれが真似ると単なるコスプレで終わってしまうが、ウェグマンならアートに昇華させる。破綻しそうでしないギリギリのところに見ごたえを感じる。

ビデオ作品は、本人のサイトやYouTubeにアップされているのでぜひチェックしてほしい。

※強迫的擬人観念愛好者:ジョン・S・ケネディとかいうイギリスの動物行動学者が言っている、とスティーブン・ブディアンスキー著「犬の科学」に記述がある。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト