健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ生食の材料 > 野菜・発酵野菜・フルーツ
生食系の犬の食事の基礎知識

生食の材料

野菜・発酵野菜・フルーツ


オオカミなどの肉食動物は、獲物として草食動物を捕獲し、最初にその内臓を食べます。その内臓には消化途中の雑草、植物、果実、場合によっては穀物などの内容物が入っています。生食を与える場合、野菜や穀類の考え方は、この獲物の胃袋の中味を再現することです。


発酵させた野菜

▲ 発酵野菜

野菜

犬は消化管が短く、野菜や穀物を分解する酵素もないため、植物性の食材の消化ができません。そのため野菜や穀物の消化、分解には手助けが必要となります。
一般的には、食物をフードプロセッサーなどで微粒に粉砕するかゆでるかして、栄養成分を体内に吸収しやすくします。
なるべく多くの種類を食べさせるようにしますが、タマネギや長ネギ、ルバーブはNGです。ホウレン草などのようにシュウ酸の多いものはあく抜きしてください。

発酵野菜について

野菜等を醗酵させ消化の途中の状態を作りだし、植物性の食物を腸内で分解、吸収しやすいカタチにしたものを発酵野菜といいます。
発酵という過程を経ることで植物性乳酸菌が発生し、たくさんの乳酸を作りだします。
乳酸は、腸内の雑菌や有害な菌の働きを抑え、免疫力を高め、愛犬を病気から守ります。
発酵野菜の有用性は、肉食動物が草食動物を獲物とし、その腸内の醗酵した食物を食べることで必要な栄養を摂取するということからも分かります。

発酵ベジ・フルーツ&ハーブ Wild Mix

フルーツ

リンゴ、バナナ、杏などは、ビタミンやミネラルの供給源として最適です。ただし、糖質も多く、とり過ぎは肥満につながります。
柑橘系のフルーツに含まれるペクチンが下痢の原因になる場合がありますので、犬たちは本能的にオレンジやレモンを避ける傾向があります。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト