健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ犬の老化とQOL > 運動と遊び
犬の老化とQOL

運動と遊び

運動と散歩


飼い主が愛犬の老化を気にするあまり、必要以上に運動をセーブする場合があります。加齢とともに犬の活動がスローになりますが、運動の質や量に気を配りながら、老犬といえども適度な運動を続け、体力や筋力が極端に落ちないような配慮が大切です。
毎日の運動は、血液循環を刺激して心肺機能も強化されますので、犬の健康と長生きに必要不可欠です。


散歩は、気持ちや身体のリフレッシュに最適です。新しい道や新しい場所を選んで変化を付けると犬たちも喜びます。健康維持のために可能な限り運動や散歩をさせましょう。

関節や背骨など、愛犬の健康に問題が生じた場合には、長時間の散歩より、短かくして散歩の回数を増やすべきです。くたびれはてるほどの散歩は、老犬の場合、禁物です。
排泄回数が増える老犬もいますので、その点も十分に考慮する必要があります。

散歩のに出かける時間や食事を与える時間を決めることは、老犬の生活においては大切なポイントになります。
すなわち、消化への影響、排泄の問題、薬の投与など、生活のリズムを規則正しくすることで健康面に与えるプラスの要素が増加します。

深刻な病気を患ってない老犬なら、ロングリードでなじみの友達犬と遊ばせたり、緩い起伏の公園や歩きにくい砂浜を歩いたり、空気のきれいな遊歩道や杜の小径などをいっしょにウォーキングするのもおすすめです。ドッグランンにも積極的に連れ出し、運動させましょう。


ただし、アスファルトやコンクリートなどの道を長時間歩かせたり、走らせたりするのは、できれば避けたいところです。
また、息が荒くなったり、何度も立ち止まったりするのは、運動し過ぎのサインかもしれません。見過ごすことのないよう注意するとともに、必要に応じて水を飲ませてから、十分な休息をとりましょう。

季節や天候によっては散歩のときにコートを着用するなど、暑さ対策、寒さ対策を十分にし、身体に負担をかけないようにしなければなりません。
散歩の前後には、肉球に専用のクリームをすり込むように塗りましょう。特に焼けたアスファルト、コンクリート、でこぼこの砂利道、雪道、アイスバーンを歩いた後は、必ずケアをしてください。

若いころに楽しんだボール投げやフリスビーなどは、全力疾走と急激なゴー・ストップにより関節や筋肉に負担がかかり、障害のリスクを増大させるので控えた方が無難です。
モッテコイなどの他の遊びや脳を刺激する新しいトレーニングに挑戦するなど、筋肉に必要以上の負荷がかからない適度な運動に切り替えるべきです。

新しいコトに挑戦

退屈で寝てばかりでは、老化が加速するばかりです。老犬の五感を刺激する新しい遊び、ゲーム、体験で、心身の活性化をさせませんか。

メアリー・レイ、ジャスティーン・ハーディングという、その筋では有名なイギリスの人たちが著した
「ドッグトリック」
という良書があります。
副題は「かしこい愛犬を育てるゲーム&トレーニング」です。


このサイトの「気になる犬本レビュー」というコーナーでも絶賛しておきましたが、簡単に言えばクリッカーでトリック(芸)を犬たちに教えるための本です。

この本に書いてある通りに進めていくと、「バイバイ」などという基本的な芸/トリックなら1週間足らずで覚えます。この「バイバイ」は単純ですが、あまりの完成度の高さに挨拶された人は十中八九びっくりします。


他にも、
股くぐり
やったね
高い位置でやったね
内と外
ジグザグに歩く
くっ付いて回る
2本足で歩く
足をブラブラ
スラローム
踊りましょう
おやつの空中キャッチ
etc.etc……

数えたら、60近くの芸の仕込み方?が紹介されています。

芸の取得に年齢は問題ありません。(本書より)
老犬の脳の活性化と運動が同時に楽しめるプログラム満載です。
何よりも、書いてる順番に教えていくだけで、ほとんどできるようになります。
あなたの愛犬の、隠れていた才能が、いま花開きます。
それでいて3,990円とは、考えようによっては安すぎます。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト