健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップこれでいいのかペットフード? > ペットフードの製造方法
これでいいのかペットフード?


ペットフードの製造方法

ペットフードはエクストルーダーと呼ばれる食品加工機を用いて、押し出し成形して作られます。

●最初にと畜場などから集めた原材料をぜんぶ混ぜてドロドロにするレンダリングという工程があります。
●これを120〜165℃で30分から3時間半程度加熱し、肉粉または肉骨粉を作ります。
●次にエクストルーダーに原材料を供給し、金型を通し成形し、出てきたものをカットしてフードを作ります。

押し出し成形する際に加える10〜20気圧の圧力により、200℃以上に加圧され、加工が進行します。エクストルーダーにかけると、油が酸化し、熱に弱いタンパク質、ビタミン、アミノ酸が劣化します。これを補うために、強力な酸化防止剤を使用するとともに、カットした粒の表面に、レンダリングの過程で浮いてきた獣脂や他の添加物を散布します。


製造の流れ1


製造の流れ2


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト