健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ > 生食を知ろう
生食系の犬の食事の基礎知識

生食を知ろう


犬のからだや消化の仕組み、食性にマッチした、生肉中心の犬の食事が”生食”です。
生肉、生骨、生の内臓、生の野菜、付加物を原材料とし、その割合は、生肉・内臓・骨75〜90%、野菜10〜25%あるいは、生肉・骨60〜75%、野菜・内臓25〜40%の食事を言います。バーフ/BARFという言い方もあります。
野菜は、便宜的に”生の野菜”と記しましたが、ジャガイモ、サツマイモなど、ゆでないと与えられない野菜もあります。これに穀類を加えるかどうかは、現在も論議の的になっています。




そもそも”生食”とは

生食は、その進化の過程のほとんどを生ものだけ食べてきた、犬の直近の祖先であるオオカミの食事を手本にしようという考え方に基づいています。それゆえカタチとしては、オオカミ..

詳細を見る




“生”のメリット・デメリット

生食を与えることのメリット1: 調理/加工されたフードは、加熱されることで成分がかなり損なわれます。非加熱の生食なら、原材料に豊富に含まれる栄養素、微量成分の損失がなく、天…

詳細を見る




生骨って何のこと?

生肉中心の食事で大切なことは、リンとカルシウムのバランスを1対1〜2の比率に保つこと。生肉に大量に含まれるリンが、体内のカルシウムを消耗するため、カルシウムを十分に摂取する..

詳細を見る




穀類っていいの?悪いの?

犬の食事に穀類が必要かどうかというのは、欧米の動物の栄養学の専門家の間でも、長い間、論議の的になっています。穀類不要派と必要派のそれぞれの言い分を比べてみました。●アミラ..

詳細を見る




サルモネラ菌や大腸菌について

生の肉、骨、内臓を主体にした犬の食事をおすすめすると、多くの方が、サルモネラ菌、大腸菌などの心配をされます。しかし、犬の食事用とはいえ、基本的に人の食用を原材料としま..

詳細を見る




生食の食事量

一日に体重の2〜3%を目安に与えます。ただし、愛犬の運動量や年齢に合わせ調整します。成長過程の仔犬や小型犬、活動量の多い犬なら少し多めに、高齢犬なら少なめに与えます。たとえ..

詳細を見る



生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト