健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ生食を知ろう > “生”のメリット・デメリット
生食系の犬の食事の基礎知識

生食を知ろう

“生”のメリット・デメリット

生食を与えることのメリット


1:
調理/加工された食材は、加熱されることで成分がかなり損なわれます。非加熱の生食なら、原材料に豊富に含まれる栄養素、微量成分の損失がなく、天然素材の持つ”生命エネルギー”を丸ごと摂取できるため、自然治癒力が高まり、健康なからだを作ることができます。


2:
犬の体内にある酵素と、生の食物に含まれる酵素とで、消化システムが正常に機能し、食物が効率的に分解されます。結果、臓器の負担が減り、病気を予防することになります。


3:
肉副産物、化学調味料、化学保存料、合成着色料のない、ヘルシーで安全な食事犬にを与えることで持続的な健康が得られます。


生食メリット

▲ 生食のすばらしいメリット

生食を与えることのデメリット


1:
コストが、市販のプレミアムフードに比べ1.5倍以上になるかもしれません。


2:
生肉や骨、内臓の臭いと触感、保存スペースの確保など、一般的な市販品ほど扱いが魅力的ではありません。


3:
骨のカット、野菜の粉砕、解凍、使用した調理器具の洗浄などに、それなりの時間と労力を必要とします。

生食を与えるなら、健康診断のために、年1回は血液検査を受けた方がいいかも知れません。自家製レシピで与える場合の栄養の偏りを調べるための、言ってみれば保険のようなものです。

最初、ついいろいろ購入しすぎたりしますが、慣れてくると、家族の食事の一部を流用したり、付加物などの工夫もできるようになりますから、ある程度コストを抑えることが可能です。また健康になることで確実に医療費が減るか不要になるので、総じて、他の犬の食事にくらべ割高ということはありません。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト