健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップこれでいいのかペットフード? > ペットフードの原材料
これでいいのかペットフード?


ペットフードの原材料

犬の健康と寿命は、食事内容に左右されます。手作り食で元気な犬もいれば、市販のドッグフードで長生きする犬もいます。しかし、手作りであれ、ドライフードであれ、品質の低いものは有害です。

次のラベルの原材料をご覧ください


ペットフードラベル

分かりにくい言葉について説明いたします。

肉副産物

と殺された動物の、人が食べる部分や動物園などに行く分を取り除いた後に残る人間の基準で言うと廃棄物のこと。各臓器、血液、骨、脂肪など。

肉粉・肉骨粉

通称、ミール。肉副産物をレンダリング(ぜんぶ混ぜてドロドロに)して作った粉。この肉粉に骨が加えられたものが肉骨粉。肉骨粉の原材料は、正規にと殺した動物から取った肉副産物以外のものでも良いとされています。

動物性脂肪

レンダリングの過程で浮いてきた獣脂のこと。油脂コーティングとして、これを最後に吹き付けます。

粗◯◯

「粗」とは、質が悪いと言う意味ではなく、厳密な測定ではないと言う意味です。
粗タンパク質とは、タンパク質の純粋な成分だけの測定が難しいため、製品に含まれる窒素含有量を測定しています。

先述の肉骨粉を作るときに、高熱を加えるので細菌は死滅しますが、肉副産物に含まれる抗生剤、除草剤などの化学物質は分解されずに残ります。これが犬の身体に大きなダメージを与えているといわれています。

少し古い話しですが、2001年12月に徳島県議会で、犬猫処理問題がとりあげられ、野犬、野描、飼い犬、飼い猫などの犬猫の死骸がリサイクル処理されて、肉骨粉になっているという事実を、県が認める答弁をしています。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト