健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップ生食を知ろう > “生食”の食事量
生食系の犬の食事の基礎知識

生食を知ろう

“生食”の食事量


食事量/秤

一日に体重の2〜3%を目安に与えます。ただし、愛犬の運動量や年齢に合わせ調整します。成長過程の仔犬や小型犬、活動量の多い犬なら少し多めに、高齢犬なら少なめに与えます。
たとえば体重25kgの犬なら500〜750gが一日の食事量になりますが、普段あまり運動しないようであれば400g以下の場合もあるでしょう。愛犬の体重変化を観察しながらコントロールする必要があります。

犬を立たせて、触れば肋骨が確認できる程度に脂肪がついていて、上から見て腰のくびれが確認できるくらいが、犬種にもよりますが、理想といわれています。

犬種のスタンダードとされる体重を以下の式にあてはめて、必要な維持カロリー(MER)を算出し、その数値に非活動犬なら0.8をかけて愛犬に必要なカロリー量を知り、食事量を割り出す方法もあります。しかし、100g当たりのエネルギー量が表示されている既製の生食系製品と違い、手作りの生食では、食事ごとに多種多様な素材が混じるため1回ごとにカロリー計算を行うというのもあまり現実的ではないような気がします。


基準となる成犬の必要維持カロリーの算出方法

MER=2×{30×体重(Kg)+70}
上記の基準に非活動犬や老犬/高齢犬なら0.8をかけます。


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト