健康な愛犬と暮らすことで、豊かなペットライフが楽しめる
安全で安心な、生食主体の犬の食事の正しい選び方をご紹介します。
このサイトについて Sitemap リンクのお願い
犬の食事.com ヘッダー
トップこれでいいのかペットフード? > AAFCOの栄養基準と総合栄養食
これでいいのかペットフード?


AAFCOの栄養基準と総合栄養食

AAFCO(The Association of American Feed Control Officials=アフコ):米国飼料検査官協会という組織があります。
各国のペットフード会社は、AAFCOの栄養基準の数値を満たすことをフード作りにおける至上命題としています。もちろん日本のペットフード会社も同じです。
この基準に合致した飼料と水だけあれば生きられるということを証明する基準がアフコの栄養基準です。

わが国では、ペットフード公正取引協議会が総合栄養食であることの基準としてAAFCOの分析試験による栄養基準または給与試験プロトコルを採用しています。そのため、加盟するフードメーカーで、給与試験を行わなくても分析試験だけでAAFCOの数値に合致すれば「AAFCOの承認する栄養基準を満たした総合栄養食」という表示が可能です。

ペットフード公正取引協議会によれば、総合栄養食とは理想的な栄養素がバランスよく調整されているフードで、新鮮な水といっしょに与えるだけで、幼犬(猫)、成犬(猫)、妊娠期・授乳期、それぞれの成長段階における健康が維持できる犬の食事のことを言います。

ただし、AAFCOは使用する原材料や添加物に対する規制があまり厳しくないので、基準をクリアしているとは言え安全、安心の確認は、飼い主さんに委ねられています。


総合栄養食 ラベル/一例

▲ AAFCOの試験に合格した訳ではない


生食で健康-簡単・犬の食事/比較サイト